大阪市立大学 人権問題研究センター

大阪市立大学

サロンde人権のおしらせ

第138回 サロンde人権

日時: 2018年01月17日(水) 13:30〜15:30
場所: 人権問題研究センター 共同研究室
(経済学研究所棟4F)

テーマ:ヘイトスピーチへの法的対応と市民の役割
     - 解消法と大阪市条例施行とその後の課題
話題提供: 文 公輝 さん(NPO法人多民族共生人権教育センター理事・事務局長)

概要: 2016年、ヘイトスピーチ解消法と大阪市ヘイトスピーチ対処条例が相次いで成立、施行されました。在日コリアン等を主な攻撃対象として繰り返され、拡大し続けてきた差別的言動等に対する立法がなされたことで、一定の効果が現れています。しかし、デモ行進や街頭宣伝、さらにはインターネット上でのヘイトスピーチをおこなう者は、より手口を巧妙化させ、問題の解決にはほど遠いのが現状です。このようななか、市民である私たち一人一人に期待される役割について考えます。